« カーディナル | トップページ | あけました »

2007年12月31日 (月)

まともな意見

やはり

風邪を引きました。

一応すべて家の用事は終えました。

今は何もする気が起きません。ついでに口内炎も悪化し、お腹空いても口に物が入ると痛い。

久しぶりにチョーだらだらしているのですが(テレビ見て)

さんまさんのテレビで環境の事、討論していました。

ようやく、真実に国民が耳を傾けるようになってきたね。温暖化、ダイオキシン、科学的根拠を少し知ってればわかるんだけどね。温暖化で氷が溶けて水位が上がるって公の場で堂々と話している人たちって、私はお勉強してませんでしたって公表しているおバカさんだよ。本当に。

質量保存の法則ってやつだよ。環境省ってその程度のあたま・・・

ダイオキシンもそうだけど

釣り関係で思い浮かぶのが環境ホルモン。

最近誰も口にしなくなりました。

ワームの可塑剤に含まれるといわれてるやつ。

あんだけ騒いどいて今は・・・

環境ホルモンってなんだかわかる?

わからないけど釣り業界では大騒ぎ。

結局なんだったんでしょうね。

自分が科学のお勉強していた知識だと、水に溶け出すことはほとんどないはず。油溶性と言って油分に溶けるものがほとんどじゃなかってけな。という事は

どーやって人間の体内に入るの?

ワームを飲み込んだ魚の脂部分に溶ける可能性のある内分分泌性の物質を含む魚を食べ、致死量のそれこそ何万分の1の可能性で体内に入るという、天文学的な確立なんだけど、それを騒ぐ?宝くじで3億円何回か当たる確立じゃないの?

そんなレベルでみんな騒いでるんだよね。

環境問題はやらないよりやった方が良いに決まっている。

でも、今現在お金を使う場所を間違えるととんでもなく取り返しが付かない事だってたくさんあるんじゃない?日本で餓死で死ぬ人がいる現実。簡単に人を殺しちゃう現実。国で詐欺をしている現実。その他もろもろ。

環境に税金を投入するのも悪い事ではないとは思うけど、根拠をしっかり持ってやらないとね。今日のテレビはいよいよ真実に向けて前進を感じた内容でした。

久々に科学(化学)?について考えさせられました。

バス問題もいつか真実によって変わる時がくるのではないでしょうか?

|

« カーディナル | トップページ | あけました »