« お邪魔してます | トップページ | 掴みどころが・・・ »

2007年11月14日 (水)

チョット空いたけど・・・3日目

最終日。

ようやくノンボーターとしての試合感が少し掴めたかな?

初日の出遅れを反省し2日目は何とか挽回。

しかし、コアングラーはボーターの動向にも大きく左右される。限られた中で、最大限の努力をする。コレはこれで大変勉強になる。

最終日のパートナーはザックトンプソン。

かなりやり手との情報を得た。順位もTOP10を狙えるとこに居るのでかなり気合は入ってるね。

2007_1027flw0086 クランキングがメインとの事。

狙っているスポットを聞くとかなり不安。

おそらく釣るスポットが限られる。

スタートするや否や、不安は的中。岬に対してDD22を投げまくり。風が逆ならチャンスはあるが、今までとは全くの逆風。しかもバックシーターから狙えるとこはナシ。

彼がルアーチェンジするタイミングとスローな釣りを展開するのを待つしか方法はなかった。ここまで来てあきらめるわけにはいかんし、何が何でも釣ったろう。ある意味集中力を切らさないようにチャンスが来たら投げるの繰り返し。彼の釣りから岬のどこがキーになるか把握できたので余計なキャストはせず、そこに投げれるタイミングで勝負するのみ。

当たり前だけどザックは3本あっという間。自分にも1本目来たときはホッとした。昨日までと展開が全く違うしね。彼が5本揃うまでに何とか3つ抜けた。しかしサイズが2ポンド半

ヤバイ

大きな岬ではないし風向きが逆なんであまり見込めなさそう。ようやく移動に踏み切った。しかし・・・

めちゃめちゃ速い

しばらく考えてしまった。

ジグ撃つしかない。

クランク流したあとジグ入れる。そんな展開が1時間続く。

ノーバイトはやはり焦るよ。

そしたらジャークベイト引きに行くと。

は?

クランクメインと聞いてたんでジャークベイト入ってない。かも。

それにクランク用のロッドだし振れんよ。

タックルボックスの中に奇跡的に2ヶミノーをはつけん

大きいスレンダーポインターと秀雄さんのボックスから拝借したI社のミノー

飛ばせるという事で大きいI社のミノーから。

やはりジャークは出来ないのでリッピング。

すぐに3ポンドを連発。

そのあとスレンダーポインターで入れ替えしなんとかまともなウエイトになった。

ザックはジャークベイト上手

他のプロよりたくさん釣る

3mのだらだらフラットでショートリップのポインター100、スレンダーポインターの97,110。タイミングで使い分けてた。アクションは一定。レンジを微妙に変えてる。

なるほどね。

あんまり日本にはこんなシチュエーションないけど、勉強になった。

ラスト1時間で入れ替えは出来なかったけど、この時点で来年もチャレンジしようと決めた。

結果は13ポンド弱。

目標のTOP10には届かず25位

納得はもちろんしていない。

これはこれで反省点は多々ある。

日本で練習しなければいけないこともたくさんある。

新たな目標が出来た残り1時間だった。

2007_1027flw0095 2007_1027flw0094

|

« お邪魔してます | トップページ | 掴みどころが・・・ »